​天神町テラス

1階の知的障害者の表現活動の舞台と、2階の1戸の賃貸住宅からなる、小さな木造の複合建築。
敷地は北側の歩行者専用の緑道と、その緑道に交差する東側の静かな道路に面した、角地にある。また敷地の南側と西側は、閑静な第一種低層住宅地である。
1階は「障害者就労支援施設」である。具体的には、知的障害者が表現活動を行って収入を得ていくための、音楽や人形劇の舞台であり、障害者自身がスタッフとなるカフェやレンタルスペースでもある。そこは、緑道を行き交う人々の日常へ向かって開かれている。(その活動は大きな音響を発するため、条件としては矛盾するのだが、周囲や上階に対し十分な遮音性能が必要とされた。)また2階も、緑道に対して大きく開かれた「賃貸住宅」である。居室間の建具を開いて一つながりにすると、事務所としての利用も可能となる。

1階も知的障害者の多様な活動のためのワンルームであり、2階も賃貸のいわばワンルームである。それらが遮音されて重ねられたとても小さな複合建築だ。とはいえ、単にそれらを積み上げるのではなく、知的障害者の活動、行き交う人々、居住者、緑道に表れる季節の移ろい、そういった移り行くものがそれぞれに、どのように向き合うべきなのかを考えた。
風致地区の規定によって四周に後退距離をとり、さらに緑道や道路側には屋根の下に1間分ほどの引きをつくり、それら移り行くものが繋ぎ合わされるような場所にできないかと考えた。そこは屋内からあふれた観客の桟敷になったり、カフェのテラス席になったり、緑道の一部になったりと、内外の間を揺ぐような、ほどかれた場所である。またそこの階の中間には、ルーバー面を差し込み(一部は藤棚)、その下が落ち着いた居場所となるようにしながら、緑に対して開いた2階の大きな開口への歩行者からの視線は遮ぎり、そして居住者の視線は、階下の活動へと緩やかに繋いでいる。またその軒天は銀色に塗装され、反射した緑陰を屋内へと引き込んでいる。
1階の室内から緑道のほうを見ると、その引きの部分の柱や建具枠、そして緑道の電柱、樹木、標識といった垂直の要素と、垂れ壁や床の舗装、手摺、擁壁、緑道といったそれぞれの水平要素が、相互に混じりあって境界を曖昧にし、居場所を感じながらも緑道へと繋がっていく感覚を覚える。
つまり、この引きによって生み出された部分は、上下階の人々や活動と、道行く人、緑道の移ろいなどの、それぞれが向き合うための装置とでもいうべき場所だ。特にこの建築の内側は、常に「向こう側」との関係の中にあり、いわゆる「舞台」や「座敷」と同じように、それ自身の単独では完結しない。

1階は緑道に平行であるのに対し、2階は緑道の大樹に正対しており、上下の外壁面にはズレの角度が生じている。この建築が、道を行き交う人々や活動する知的障害者達の日常の中に、住宅でも福祉施設でもないような姿で現れ、溶け込みながらも特別な場所となるようにと願っている。

​撮影:矢野紀行